読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堕(惰)プログラマ開発記録

タイトル変えようかなとも思ってるけれど,思い浮かばない

初の国際会議を終えて (ICISA2017)

実は3月23日には日本へ帰って来ていたんですが, 読んでおくべきと判断していた (学士課程の卒研関係の) 英論文の進捗が酷いものだったのでそちらをある程度進め, 遅ればせながら本エントリーを本日執筆した次第です.

発表した論文と,その内容は既に “Lecture Notes in Electrical Engineering (LNEE)” の Volume 424 に掲載されています *1. 私の論文自体はSpringer Linkでダウンロードできます: link.springer.com

2nd Authorは私の高専での指導教員です. 今回の国際会議でも同行して頂き,また (何故か私の発表するセッションの) Chairman をして頂きました.

国際会議について

今回参加し,発表を行った国際会議は “International Conference on Information Science and Applications 2017” (ICISA 2017) です. iCatseという学会の Information Science and Applications という国際会議で,今回で8回目とのこと. また,当該国際会議は中華人民共和国特別行政区澳門 (マカオ) で,03/20 – 03/23に行われました.

私は03/20の夜遅くに到着し,03/23の早朝に出国したので,実質は2日しか参加していません. 理由としては,初日はWelcome Partyのみ,最終日はツアーのみであったため積極的に参加する理由が薄かったこと *2,および, 成田から澳門までの直行便は1日に1便のみの往復で,成田から澳門は夕方,澳門から成田は早朝のみという不便な交通網であったことが挙げられます. 結果として常にバタバタしており,退屈 *3 しない4日間を過ごせたかと思います. 今後も国際会議には出たいですし,今回の会議参加で得たものを今後に繋げて行きたいです.

英語論文執筆から査読まで

国際会議で発表するためには当然,英語論文の執筆が付いて回るわけです. この執筆,実は昨年の前期中から行っていました. とはいっても英語論文執筆のコツが解らないし,編入学先の大学での生活にまだ慣れていないしといった要因が重なり,執筆を終えたのは2016年10月.それからAcceptance Dateは2016年12月29日.そうです.コミケ一般参加真っ只中でした. Acceptanceの通知と証明書がメールされてきて肩の荷が下りました.

この会議は (若干適当ですが) 6人ほどの査読コメントを付けて返してくれたので, 修正を幾つか加え,論文の最終版を作成しました.

発表

発表は03/22の午後一番.帰国の前日です. 前日に学会の雰囲気を見ておき,かなりカジュアルでも大丈夫そうだったのですが, 一応学生という立場からワイシャツ + スラックスという恰好で発表.

前日に発表時間が15分であることに気が付き,想定していた20分から5分の削減を急いで行いましたが, 無事に話したいことを話し切ることができました. 質疑応答は皆まで言うなという感じだったとだけ言っておきますね?

観光

せっかく澳門まで行ったわけですから観光もしました. とりあえず,紙幣が薄っぺらくて本当にお金なのかと疑問に思ってしまうような現地通貨パタカを上げておきます.

21日

21日の午前中は会議に顔を出してRegistration,その午後からセナド広場という観光地周辺を回りました. 聖ポール天主堂跡 (下写真) とかいう正面しか残っていない建物までの道には多くの店が並び,土産やら何やらが購入できるようになっています. 豚の乾肉が多く売られていたのでどうも代表的な土産っぽかったのですが,衛生面的にどうなの?

f:id:godai_0519:20170321132857j:plain:h300

その後,杏香園という店で甘味を飲み (?),富仕葡式美食という店で鶏肉の中にチキンライスを詰めた丸焼きを夕食としましたので,その写真を貼っておきますね. 前者は “杏仁茶” と言うそうで,温かくて固まっていない杏仁豆腐みたいな感じでアーモンド等々を入れて食べるようです. 後者は見たまんまです.

22日

発表終わるまで酒は飲まないと決めていたので,22日の夕食が澳門での初めての酒. 澳門自体がポルトガル領だったこともあってポルトガル文化が強く,Taipa村のポルトガル料理店 “Portugália Macau” でディナー. 220MOPなので澳門にしては随分高い料理なのですが,めちゃくそ美味かったので良しとしましょう.

最後に

と言った感じで,国際会議として澳門に行ってるのに,かなり観光でも楽しんできました. 朝食もTaipa村の地元向け飲茶店に行ったりなんかして満喫.

澳門に行く方に一応伝えておきたいのですが, タクシーの運ちゃん (の一部) とホテル従業員以外は英語通じないことも覚悟したほうが良いです. 町中ではもうフィーリングで頑張ってください.

*1:LNEEの存在を初めて知りました.よく聞くのはLNCSとかLNAIですよね

*2:交流という点では重要かもしれませんが……

*3:というのも何か変ですが

光コラボからのフレッツ光引き戻し作戦の模索

概要

  1. 2年前の4月,ドコモ光サービス開始とほぼ同時に 「フレッツ光 + plala」 から 「ドコモ光 + plala」にした
  2. 今年の4月~5月が更新月
  3. 携帯回線もNTT Docomoを使っている意味が無いので,更新月の3月~4月に格安Sim *1 へ変えてしまおう

つまり,違約金0で「NTT Docomo + ドコモ光 + plala」→「格安Sim + フレッツ光 + plala」へしたいというわけです. 前提条件より,一旦「NTTのアナログ回線」を経由する必要があることが解っています *2 ので,これまた厄介. 下手すると,自宅の固定インターネット回線が無くなるので.

これを想定して計算した結果をこのエントリーで公開します (正しいかどうかは定かではありませんが). 間違っていることがあれば,指摘いただきたいというのがこのエントリーの目的です.

状況説明

以下の固定回線の「ドコモ光」は,私の携帯電話の回線に紐付いています. また,私の携帯回線契約が「データ量シェアパック」の親回線であり, その子回線として家族 (妹) の携帯が契約されています. ここ2年分の概算に依れば,2年前の違約金etc.をpay出来ているので,トータルでは損してないはずです.

固定回線

  • ドコモ光固定使用量: 5,616
  • 携帯とのセット割: -1,296
  • 契約更新月: 4~5月 (恐らく開通が3月中頃のため)

携帯回線

Docomoの2台のiPhone6 *3 に対し,

  • カケホーダイプラン + sp: (2,916 + 324 - 540 *4 ) x 2
  • 光シェアパック10 (光回線との抱き合わせ): 10,260 + 540
  • 月々サポート: -2,322 x 2
  • 端末代: 2月まで 3,168 x 2
  • 契約更新月: 3~4月

携帯の方ですが,バッテリーがなくなる速度が絶望的に早いので,iPhone自体をどうにかしないといけない.

金額的考察 (以下,単位は「円 (税込)」)

まず,Docomoの機種変更を行った場合について,24ヶ月契約した場合に正規化して考えてみました. とりあえず2台分の端末代は187,920で,対応した2台分の "春のおとりかえ割" が -10,368,合計177,552ですね. 各月にかかる金額は以下の通り. ところで,2017年春の学割があるだろうと思ったら,機種変更の場合は「ウルトラシェアなんちゃら」じゃないと対象外っぽいです.

項目 税込単価 契約数 税込小計
カケホーダイライトプラン 1,836 2 3,672
シェアパック10 10,260 1 10,260
シェアオプション 540 1 540
月々サポート -2,322 2 -4,644
spモード 324 2 648

以上の表の合計に24をかけ,機種代を加算すると,総額428,976. 先に示したドコモ光の金額を合算し,合計532,656

さてさて,IIJmioに契約した場合は, 初期費用3,240と端末代181,008 (Apple公式サイトより) で,合計184,248がまず最初にかかる金額. 加えて,携帯代と固定回線代を別々の表で示せば,

項目 税込単価 契約数 税込小計
10GBのSimプラン 2,765 1 2,765
音声通話Sim契約 756 2 1,512
追加Sim利用料 432 1 432

および,

項目 税込単価 契約数 税込小計
光ネクスト 6,156 1 6,156
2年割 *5 -756 1 -756
plala 1,080 1 1,080
ひかり電話 540 1 540

より合計465,740. これに加えて,NTT東日本とは新規契約扱いの割引が適用されるけれど,ここでは除外しています. まあ,工事費を50,000としても,一応安くなる感じのイメージですかね. 計算間違いとか契約組合せ間違いとか合ったら教えてくださると嬉しいです.

個人的には,固定回線と携帯回線が一心同体である状態が気持ち悪くて仕方ないので, 分けたいという感じで動いています (同様に電気とかガスとかと抱き合わせるのも否定的).

作戦

最初の概要にちょろっと書きましたが,回線を変える際に,一旦アナログ回線を経由する必要があります. 理由は,自宅の電話番号が変更されてしまうことを防ぐことにあります. 光コラボ事業者からフレッツ光に「転用する」手段が存在せず,新規契約扱いとなるために電話番号が変更されるそうです. 一方で,アナログ回線にダウングレードしてから (番号変更なし),フレッツ光をそのアナログ回線に適用すれば, 最終的に同じ電話番号でフレッツ光に移動できることが解っています. (詳しいことは,他のHPを参考なさると良いと思います)

いろいろ調べたところ,似たようなエントリーが見つかりました.
Kパパの家 エキサイト光からフレッツ光に戻してみた

つまりまとめると,

  1. NTTに対し,ドコモ光電話 → NTTアナログ回線 への変更の旨を伝える
  2. 無派遣工事として,自宅の「電話」回線をアナログ回線に変更する (この時点で,電話はアナログ,インターネットはドコモ光で分離)
  3. ドコモ光の契約解除工事,フレッツ光の契約開始工事を同日に設定してもらう
  4. 派遣工事 (この時点で,電話・インターネットはフレッツ光で統一)

という手順でできそうに思います. 確証はないですが成功例もあるようですし,自宅の引き込んでいる回線の状況を詳しく見直す必要もありますが, この方針を目指そうかなと. オペレータに依るかもしれませんが,当該エントリーではNTTがかなり融通を効かせてくれているように思いますので, 先にNTTに連絡を行って対応方法を乞いたいなと考えています.

まあ,まず先に,親に説明してみないといけないんですがね…….

*1:Boost的にIIJmioでええかな

*2:後に軽く説明するけれど,固定電話番号を変更しないトリック

*3:自分のと妹の

*4:U25割

*5:2年ごとの更新の度に適用されるので,const.に安くなる

gentoo-sourcesのバージョンを上げたらWi-Fiが効かなくなったとき

備忘録.どうせわすれるので.
標題の主語がでかいですが,Intel の Wireless 7260シリーズ辺りに限ってるメモをします.

現象

現象は標題のとおりです. Thinkpad X240に入れてるGentooのuDNを叩いて,gentoo-sourcesを4.9以上に上げたら,Wi-Fiが効かなくなりました*1. ただ,lspciが言うには,

# lspci -k
03:00.0 Network controller: Intel Corporation Wireless 7260
        Subsystem: Intel Corporation Dual Band Wireless-AC 7260
        Kernel modules: iwlwifi

ということで一応モジュールは読み込んでる感じでした (Kernel driver in use: iwlwifiが無いので動いていない).

解法

Gentoo Forums :: View topic - [SOLVED] iwlwifi-7260-17.ucode isse with linux kernel 4.9
そういうこんなで,フォーラムみてたら見つけました.

曰く,

  • iwl7260-ucode の Version は 17 以降じゃなくちゃだめ
  • sys-firmware/iwl7260-ucode には 16 までしか無いよ
  • sys-kernel/linux-firmware の stable には入ってないよ,linux-firmware-20161205.ebuildを使ってね

とのことなので,とりあえず linux-firmware に savedconfig のUSE Flagを立ててない人は, /etc/portage/package.accept_keywordsに

=sys-kernel/linux-firmware-20161205 ~amd64

を入れて,

# emerge linux-firmware

で再起動すれば完了.

savedconfigしてる人は,/etc/portage/savedconfig/sys-kernel/linux-firmware-20161205 から iwlwifi-7260-17.ucode のコメントアウトを外せば, emergeで目的のucodeが入ります.

チラ裏

そういえば,新年らしいし,"2016年のまとめ,2017年の予定" みたいなエントリー書いたほうが良いのかな. 授業が1月4日から始まったし,いろいろ予定有るしで時間作れるかどうかよく分からん.

そうそう,こっちのほうが重要だと思うんだけれども,高専5年のときの研究で1本国際会議にAcceptされました. これにAcceptされると,SpringerのLecture NoteシリーズのEE (LNEE) とやらに掲載されるらしいです. てなわけで,死んでなかったら,3月の終わりに澳門行ってきます.

*1:ip linkに出てこない

編入学後の単位認定

さて,ご無沙汰です. とりあえず電通大に編入後,単位認定という壁を超え,後は教務係の手続き次第という状況*1に辿り着きましたので,その辺りについてご報告しようかなと.

聞いていた単位認定のスケジュールと若干違う気がするので,おそらくスケジュールが全体的に早まったのかなぁと思います. 今年の認定関係のスケジュールは以下の通りでした:

  • 春休み,学習要覧とシラバスより,単位変換に関する資料の作成 (例: 画像)
  • 4月頭の編入生ガイダンスにて一旦返却,認定スタンプラリー開幕
  • 4月中旬,正式な申請書類の配布開始 *2 (例: 画像)
  • 4月末日頃,最終締切 (相談次第で延長可)
  • 6月頃,正式認定

6月って遅いっつーのは御尤もで,成績とかを管理してくれる学務情報システムというHPを見ると「0単位」ってことが判って虚しくなります. そういえば,シラバスは時間割コードっていうのを用いて,このページで一発参照できるんだけど,「学部・類」の選択が必須なのってどういう了見なんですかね,コードだけで一意に定められると思うんですけど

認定スタンプラリー

では,認定スタンプラリーについて簡単に説明しようかと思います. このスタンプラリーの目的は,各教科の「認定担当教員」から「可」という文字と陰影 *3 を獲得することにあります.

単位によっては担当教員のところへ何度も通うことになるので,余裕をもって早めに行動しました. 最初の面談は入学式の日の昼だったかな? 遅いと授業が始まりだして,どの単位の授業受ければいいのか解らなくなっちゃうと思ったので,結構不安でした.

自分の体験談的にはアポ無しで尋ねると大抵あまり良い結果が得られないので,来年度以降編入する方は,入学前に配布済みのプリントに記載されているメールアドレスへ事前に連絡をとりましょう. ついでに,教員によっては過去の認定記録を持っていたりするので,自分の出身校の先輩の名前を言うなどして,どの単位でどの単位を認定したか確認,もとい圧力をかけるのがいいと思います.

単位変換する単位について

まず,1・2年の単位は片っ端から取れるだけ取ろうとしました, 特に,基礎科学実験AとBはレポートが増えるどころか,編入ではない電通生曰く「使わないしもう覚えていない」そうなので,なるたけ必死に.

2年までの英語科目は,輪講・卒研(英語論文読み書きしたと言えば)を使って全部取りました.3年の技術英語も恐らく取れるらしいのですが,変換するための残単位がなかったです. あとは,授業受けたいと考えている3年の単位と被っている時間にしか開講していない1・2年の単位とかも優先的にとりました.

で,いつ分かるんでしょうねこれ.

<公開直前追記 6/17>

6/14に張り紙が出され,申請した単位変換が全て認められた人の学籍番号が公開されました. 自分の学籍番号も無事貼られていたので,これにて戦いは終了です.

私の単位変換

そんなこんなで単位変換を申請した科目は次の通りです. ぶっちゃけ,これが本題かなぁ. 来年度以降,電通大に編入学する方々,適当に参考にしてください.

*1:実はこのGW頃にはそうなってました

*2:横国とかはこれだけ書くのよ,東北大・北大勢は爆ぜろ

*3:シャチハタ含む

続きを読む

Gentoo Linuxでpython-execをemerge -Cしたときの復旧方法

What is this?

ってな状況になったから,一応メモ.

どうしてこうなったの

python-2.7とpython-3.4が入って共存してたんだけど,3.4の代わりに3.5を入れた後の出来事. 3.5を入れたけれどもやっぱりなにかおかしくて,戻すついでに「python入れ直すか!」って言ってパッケージを削除してるときに,

# emerge -C python-exec

ってなっちゃったらしい.

emergeがpython-execにリンク貼ってるの初めて知った.

解決方法

# /usr/bin/python2.7 /usr/lib/python-exec/python2.7/emerge -a python-exec

p.s. なんかいろいろめんどくなってきたから,Arch Linuxに帰るかも.

2015年のまとめ(と,2016年の予定とか)

まずは

あけましておめでとうございます.って,もう3日なんですけどね.(書き始めたのは1月3日です) ブログネタもないし,またダラダラ何もしないで過ごしてもアレなので,昨年のこととかを書いたりしようかと思って書き始めました.

とりあえず,昨年振り返って,来年の予定みたいなのを上げますかね.

2015年を振り返って

卒業研究(高専5年)とプレ卒研

Twitterで触れていたかと思いますが,私の卒業研究の大まかなテーマはBayesian Network(BN)であり, 担当教官が今まで続けてきた卒研の続きという形で引き継がせてもらっています.

プレ卒ではExtended-LBPCという確率推論手法の実装を通して,BNの基礎的な内容の学習と,推論誤差の比較方法などを学びました.そして,現在の研究では,段階的構造学習法を大元とした手法の更なる改善を行っています.もしかしたら研究の詳細をエントリーに書くかもしれません.

卒業研究のアウトプットとしては,11月に函館で行われたSSI2015(計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会)で発表しました. godai.hateblo.jp

進捗としてはイマイチなのですが,なんとか,騙し騙し進捗創造しています. そろそろ卒論の時期なので,卒論をぶっ潰さないといけませんね…….

大学編入試験

編入学試験の勉強を長いことやってたことは,過去にまとめた気がします. 本番として試験を幾つか受けてきたのですが,結局のところ,電通大に行くことになりました.

ということで,電通大キチ*1方々,4月から宜しくお願いいたします.情報・通信工学科*2です. 私は怖くない普通の人なので,お手柔らかにお願いします.

高専プロコン

会場の長野には行きました. プログラミングとかアルゴリズムとかは完全に後輩たちに任せてしまい申し訳なかったです. 本当はもうちょっと参加するつもりだったんだ……という言い訳をします.

現地のホテルで罪滅ぼしで1部分書きなおして見たのだけど, 元々動かしていた並列処理のどこかがおかしくなってるのかなんなのかで上手く行かず,ボツになりましたね.

後輩たちの勇姿のコードはtnct-spc/procon2015 · GitHubで見れます.

喘息

Asthmaって感じです.アメリカ英語で読むと,私の苗字っぽくなるの本当にやめていただきたい. イギリス英語では,sthが濁らないので,苗字になりません.

実際のところ,若干悪化したまま治らなくなったのどうしようかと. 直ぐ喘鳴が出るし,喘鳴抑える薬で動悸と振戦*3が出るしでなんというか.

2016年の予定

成人式
成人しちゃったんか……って思う.彼女居ないのと親戚に言われても,環境が環境だし無理やねん*4
学会発表I (電子情報通信学会 総合大会)
論文は書き終わってます.福岡の九州大学が会場とのこと.博多ラーメン食いたい.
学会発表II (WSSIT 2016)
論文は担当教官が書いてくれます.北海道留寿都へ.時間が余れば,天体のメソッドの聖地(洞爺湖)行こうかなぁとか考えても居る
(編)入学式
友達100人できるかな(白目)

今のところ,思いつくのはそれくらいかな. なっかなか書くことが無いくらい薄っぺらい. 行動力もコーディング力も無いから,全然物事が進まなくて辛いですね.

とりあえず,来年の抱負でも書いておきましょうか.

来年の抱負

  • 薄くないアウトプットをする
  • なんかコード書いて作りたい(作るものもないくせに)
  • 電通で学士取るときの卒研を決める
  • 数学の自学する
  • どっかでLT(か普通の発表)する
  • 学食で普通に昼飯が買えるようになる(電通学食でのテンパリすごかった)

なんか思いついたら書き足します…….

最後に

来年になっても,ブログトップに当エントリーが残らないように……

*1:褒め言葉

*2:情報テン通信工学科

*3:手足の震えなど

*4:ごめん,今のところ興味もありませんでした

珈琲環境

ブログを毎日更新できる人は,本当に人間なのか……

記録がてら,珈琲を入れる上で揃えたものやらを書いてみます.
とは言っても,この記事,実は9月くらいに書き溜めておいた分です.

「コーヒー Advent Calendar」とかじゃないです…….

目次的な何か

ちょっと前までは,カルディで苦味強めの珈琲豆として, マンデリンフレンチ,イタリアンロースト,リッチブレンドあたりを買ってました. ところでカルディさん,「ノエル」を期間限定じゃなくて,通年でやって!!!

そこで,自家焙煎やってる喫茶店で,登下校中に立ち寄れるものを探しました. 最近では,立川にある,一六珈琲店という喫茶店の豆を幾つか試しています.

個人的には,ノアールブレンド,ジャワロブスタあたりが好きかな. 甘い感じの香りがするやつ

器具

器具自体は,まず無難にKarita系を集めてみてました. その名残で,サーバーはKaritaのままだったりします. いま思えば,Meritaの方が良かったかなぁ.

ドリッパー(フィルター)

フィルター(ペーパー)

コーヒーミル

ケトル

サーバー

最初に買ったのは,Karitaのドリッパーとフィルターでした.その当初はその2つしかなかったために,大きめのマグカップに抽出してからカップに移していました. この際,一般的なヤカンを用いてドリッパーに注水していたため,ヤカンの扱いが上手くなりました(無駄)

マグカップからカップへ移す際に溢れてしまう珈琲の量が多めだったので,次に101用のサーバーを買いました. 最後にミルとケトルを購入したのですが,ドリップにおける蒸らし時間に珈琲が良く膨らむようになって,驚いていたのを覚えています.

最後に

なんか上手く纏まらんかった.