読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堕(惰)プログラマ開発記録

タイトル変えようかなとも思ってるけれど,思い浮かばない

Boost 1.45.0をVC10用にビルドしてみる

Boost

boost 1.45.0が公開されたのはずいぶんと前だと思うのですが、
適当にビルドしたlibがリンカーエラーを起こすことに気がついたので、
VC10(VC++2010)用にビルドし直すことにしました。


Windows環境ではboost_1_45_0フォルダ直下にある、bootstrap.batを実行します。
同フォルダ内にbjamという実行ファイルが生成されたことを確認してください。


次にコマンドプロンプトでこのフォルダに移動します。


今回はbjamに

bjam --toolset=msvc-10.0 link=static runtime-link=static release debug stage

と引数を与えてやります。
msvc-10.0部分はVC++2008なら9.0、VC++2005なら8.0にします。


長いですが気長に一時間ほど待つとビルドが完了します。
ビルド後のlibファイルは***-vc***-mt-sgd-1_45.libという名前で.\stage\lib内に保管されています。
このフォルダをライブラリディレクトリに追加すれば、Boostが使用できます。


もし、リンクエラーが発生し、***-vc***-mt-gd-1_45.libが要求された場合は
runtime-link=staticをruntime-link=sharedに変更してビルドすればコンパイルが通るようになります。


それでは、楽しいBoost生活を。