読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堕(惰)プログラマ開発記録

タイトル変えようかなとも思ってるけれど,思い浮かばない

函館で学会発表してきた (SSI2015)

NIT,Tokyo College Academic Conference

大分遅くなりましたが,11月18日,SSI2015のポスターセッションで発表して参りました.当学会が私にとって初めての学会発表になります.

簡潔な感想としては,なかなか思ったことを上手く伝えられない上,あがってしまって大変でした.

当日まで

実は学会発表の申込をするまで,進捗といった進捗がなかったため,進捗創造が重要でした.その上,投稿論文を6ページ以内で作成する必要もありました.

論文書いて感じたのですが,論文を書くと頭整理されて良いですね.卒研始まったら,まず論文書くと良いですよ,マジで.と感じた瞬間.

オーラルに該当するかよく分かりませんでした.そこで先生と相談をした上で,ポスターは使い回しが効くように,プレゼンテーション風に作りました.お陰さまで卒研の最終発表の際にも,少し編集して使えそうです.

当日

会場は函館市の市民会館である,函館アリーナでした.ということで,東京から函館へ飛行機で向かう訳ですが,実は当日の12:00に現地(函館空港)入しました.バタバタしたけれども,緊張しにくい状況だったのかなと.それでもそれなりに緊張しましたが.


↑これがポスターセッションの準備が終わった図です.

おわりに

まあ何がなんでも,無事に終わってよかったです.人もそれなりに来て頂けたので,暇を持て余すなんて時間は無かったし.

ところで,ショートプレゼンという45秒プレゼンは具体的な話をすることができないので,意見交換の場としてはないほうが良いと感じました.逆にポスター発表1時間は短すぎますし,こっちを充実させて欲しいです.ショートをやらないのであればホール前面の机は退かせますし,それぞれのポスター間を大きく開けられるかと思います.その上で一斉にセッションをすれば,3.5時間ほどは確保できるのでは無いでしょうか.

チラ裏みたいになりましたが,率直な意見として掲載いたします。