読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堕(惰)プログラマ開発記録

タイトル変えようかなとも思ってるけれど,思い浮かばない

初の国際会議を終えて (ICISA2017)

実は3月23日には日本へ帰って来ていたんですが, 読んでおくべきと判断していた (学士課程の卒研関係の) 英論文の進捗が酷いものだったのでそちらをある程度進め, 遅ればせながら本エントリーを本日執筆した次第です.

発表した論文と,その内容は既に “Lecture Notes in Electrical Engineering (LNEE)” の Volume 424 に掲載されています *1. 私の論文自体はSpringer Linkでダウンロードできます: link.springer.com

2nd Authorは私の高専での指導教員です. 今回の国際会議でも同行して頂き,また (何故か私の発表するセッションの) Chairman をして頂きました.

国際会議について

今回参加し,発表を行った国際会議は “International Conference on Information Science and Applications 2017” (ICISA 2017) です. iCatseという学会の Information Science and Applications という国際会議で,今回で8回目とのこと. また,当該国際会議は中華人民共和国特別行政区澳門 (マカオ) で,03/20 – 03/23に行われました.

私は03/20の夜遅くに到着し,03/23の早朝に出国したので,実質は2日しか参加していません. 理由としては,初日はWelcome Partyのみ,最終日はツアーのみであったため積極的に参加する理由が薄かったこと *2,および, 成田から澳門までの直行便は1日に1便のみの往復で,成田から澳門は夕方,澳門から成田は早朝のみという不便な交通網であったことが挙げられます. 結果として常にバタバタしており,退屈 *3 しない4日間を過ごせたかと思います. 今後も国際会議には出たいですし,今回の会議参加で得たものを今後に繋げて行きたいです.

英語論文執筆から査読まで

国際会議で発表するためには当然,英語論文の執筆が付いて回るわけです. この執筆,実は昨年の前期中から行っていました. とはいっても英語論文執筆のコツが解らないし,編入学先の大学での生活にまだ慣れていないしといった要因が重なり,執筆を終えたのは2016年10月.それからAcceptance Dateは2016年12月29日.そうです.コミケ一般参加真っ只中でした. Acceptanceの通知と証明書がメールされてきて肩の荷が下りました.

この会議は (若干適当ですが) 6人ほどの査読コメントを付けて返してくれたので, 修正を幾つか加え,論文の最終版を作成しました.

発表

発表は03/22の午後一番.帰国の前日です. 前日に学会の雰囲気を見ておき,かなりカジュアルでも大丈夫そうだったのですが, 一応学生という立場からワイシャツ + スラックスという恰好で発表.

前日に発表時間が15分であることに気が付き,想定していた20分から5分の削減を急いで行いましたが, 無事に話したいことを話し切ることができました. 質疑応答は皆まで言うなという感じだったとだけ言っておきますね?

観光

せっかく澳門まで行ったわけですから観光もしました. とりあえず,紙幣が薄っぺらくて本当にお金なのかと疑問に思ってしまうような現地通貨パタカを上げておきます.

21日

21日の午前中は会議に顔を出してRegistration,その午後からセナド広場という観光地周辺を回りました. 聖ポール天主堂跡 (下写真) とかいう正面しか残っていない建物までの道には多くの店が並び,土産やら何やらが購入できるようになっています. 豚の乾肉が多く売られていたのでどうも代表的な土産っぽかったのですが,衛生面的にどうなの?

f:id:godai_0519:20170321132857j:plain:h300

その後,杏香園という店で甘味を飲み (?),富仕葡式美食という店で鶏肉の中にチキンライスを詰めた丸焼きを夕食としましたので,その写真を貼っておきますね. 前者は “杏仁茶” と言うそうで,温かくて固まっていない杏仁豆腐みたいな感じでアーモンド等々を入れて食べるようです. 後者は見たまんまです.

22日

発表終わるまで酒は飲まないと決めていたので,22日の夕食が澳門での初めての酒. 澳門自体がポルトガル領だったこともあってポルトガル文化が強く,Taipa村のポルトガル料理店 “Portugália Macau” でディナー. 220MOPなので澳門にしては随分高い料理なのですが,めちゃくそ美味かったので良しとしましょう.

最後に

と言った感じで,国際会議として澳門に行ってるのに,かなり観光でも楽しんできました. 朝食もTaipa村の地元向け飲茶店に行ったりなんかして満喫.

澳門に行く方に一応伝えておきたいのですが, タクシーの運ちゃん (の一部) とホテル従業員以外は英語通じないことも覚悟したほうが良いです. 町中ではもうフィーリングで頑張ってください.

*1:LNEEの存在を初めて知りました.よく聞くのはLNCSとかLNAIですよね

*2:交流という点では重要かもしれませんが……

*3:というのも何か変ですが